• Facebook
  • Instagram
  • Twitter

キレイはカラダの中から Binowa

【Binowa Cafe】12月の世界の郷土菓子

早いもので今年もあと1ヵ月を切ってしまいましたね。
Binowa Cafe の12月の世界の郷土菓子は、以下のライナップです。

ツガーキルシュトルテ(スイス・ツーク)
湖の綺麗なスイスの町ツークの郷土菓子。アーモンド入りのメレンゲ生地、スポンジ生地、バタークリームを重ねたレイヤーケーキ。スポンジ、バタークリームにキルシュ(さくらんぼの蒸留酒)をふんだんに染み込ませた大人のケーキです。

img_0032
イルミクヘルヴァス(トルコ)
セモリナ(粗びき小麦)のハルヴァ。セモリナ粉と松の実をバターでじっくり炒め、ミルクシロップを加えて作ります。「ハルヴァ」は穀物を炊きシロップを加えて作るペースト状の菓子で北アフリカから中東、インドまで様々な国で食べられています。

img_0022
花生湯(台湾)
台湾や厦門で食べられるピーナッツのおしるこ。ピーナッツをふんわり柔らかくなるまでじっくりと炊き上げた寒い冬に嬉しい温かいデザートです。油条(揚げパン)を浸して食べるのがローカルスタイルです。

img_0012